ご友人やファンの方より献花が寄せられ、入口にはアーティスト仲間による生島さんのエピソードを掲示しております。生島庸子さんとの思い出を語り合いたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー