松田氏は早朝、蓮の花が開く前から撮影ポイントに入り、花が咲いて行く様子を撮影します。 また、花が命が終わる間際も撮影し、蓮の生命に寄り添って作品を撮り続けています。         […]

松田氏が蓮を撮影する場所は、兵庫県加東市の「平池公園」と兵庫県姫路市の「ヤマサ蒲鉾/蓮の花苑」です。    

朝日新聞/はりま版 7/7  

DM使用作品です コラージュや画像処理をしているのかと聞かれるそうですが、松田氏の作品は画像処理は一切なく、蓮が咲いているそのままの姿を切り取って作品としています。