2019年9月

💐『私は私の革命家』展示の様子 vol.2

お知らせ

 

💐『私は私の革命家』展示の様子 vol.1

お知らせ

💐『私は私の革命家』松岡理恵さんプロフィール

お知らせ

松岡理恵 プロフィール

19801/15生まれ 身長:168㎝ 

出身地:金沢市 血液型:B型 

学歴:金沢大学経済学部経済学科卒

座右の銘:迷ったらロックな方を選びたい

好きなアーティスト:エレファントカシマシ

🔹作家様の制作コンセプト/ 津守秀憲

お知らせ

津守秀憲(硝子) 《時の狭間’15-1》《Swell’19-5、6、7、8、9》

私は、ガラスと陶土の混合焼成という独自の技法を使い、熱を経て作り出される表現と造形を追求してきました。

この技法はガラスと陶土を調合して素材から自分で作り出し、透明感とはまた異なった陶質感のあるガラスを生み出すことができます。

窯の熱によって冷たく硬かったこの素材が熱く柔らかく変化し、有機的な質感や焼き味が生まれると共に、ヒビ割れや躍動感ある形が作り出されます。

私はその刻一刻と変化していく中から一瞬を拾い上げて形にしており、まるで自然のサイクル中で物質が長い時を経て変化していく様を体感しているかのようにも思えます。

また、この技法を使うことによって、ヒビ割れや焼き味などの表情を景色という付加価値で捉えている陶芸ややきものの価値観を自分の作品に取り入れ、ガラスや陶だけでは作れない造形や表現に挑戦していきたいと考えています。

🔹作家様の制作コンセプト/ 濱口佳純

お知らせ

濱口佳純(鋳金) 《みなも-10》

当たり前に感じる一瞬一瞬の美しい現象を眺め、日々を見つめ直すために、私は日常の痕跡として、 金属を溶解し、注ぎ込む「鋳金」技法に刻みました。 「鋳金」の金属を溶解し、 流し込むという行為には、自身の作品に対し、 想いや祈りを吹き込む意味を持っています。

波紋、 波の揺れる模様を「みなも」とし、その形態を金属の力で保持し、輝く姿を留めることが出来ると考え、「みなも」に「かわらない」ことの尊さの想いを込め、私は制作しています。

私の作品に触れ、何気なく当たり前に思う日常を、少しでも想ってもらえたら幸いです。

古い投稿ページへ