2020年9月

『ミケとレオ』中村享史…レオ

お知らせ

《アフガンハウンド-2020》エポキシパテ・カネライトフォーム・ロープ

 

《hope,sleep,grace,-2008》セメント・御影石・鉄

 

《Lovers territory-2009》セメント・漆喰・鉄

『ミケとレオ』高田治…ミケ

お知らせ

《黒い狸奴(立)-2020》ステンレス・セラミック

 

《白い狸奴(立)-2020》ステンレス・セラミック

 

《“ミケ”シリーズ-2020》ステンレス・セラミック

中村享史プロフィール

お知らせ

 

中村享史 NAKAMURA TAKASHI / 彫刻家・Tao baroqueデザイナー

 

1984年 大阪生まれ
2009年 宝塚造形芸術大学大学院彫刻専攻修了
2008年 個展 中村 享史 彫刻展 ギャラリーCASO OSAKA
2008年 グループ展 創造の交差展 アートホール異空間 無尽蔵
2013~2017年 複合美術展 パラダイム 兵庫県たつの市地域にて4回開催

2013年 レザーグッズブランドTao baroqueを開始
2013年よりシューズデザイナー串野真也の造形部門を担当/参加作品がヴィクトリア&アルバートミュージアムに永久収蔵。

 

 

【 生きていて出会う特別な感情や、人生を歩む中で醸造してゆく精神活動、人間の普遍性など、5年10年単位で考え続け、贅肉が削ぎ落とされてゆき、核心のみが浮き彫りになるような感情がある。
それらを古典的な人体彫刻に内在させる作品制作をライフワークと位置づけている。

そのような個人的、内省的創作とともに、現在は他者からの依頼やお客様のための商品を作るというコミュニケーションが要となる制作との両輪が心地よくグラデーションを為す活動を営んでいる。】

 

高田治プロフィール

お知らせ

 

高田治 TAKATA OSAMU / 彫刻家

 

2020
 0101ARTZDEAL2020 台湾
 TAGBOAT AWARD 渋谷ヒカリエ 東京
 2020 ART TAIGHUNG 台湾
 Next Story〜新たな時代へ〜 あさご芸術の森美術館 兵庫
 高田治×中村享史「ミケとレオ」 ギャラリーランズエンド 兵庫

 

2019
 個展「金属と土とおさむ」 MU東心斎橋画廊 大阪
 個展「夏休みのおさむ」 うろこの家 兵庫
 個展「全部おさむ」 画廊ぶらんしゅ 大阪
 個展「女体とおさむ」 いりや画廊 東京
 Unknown Asia / ART EXCHANGE OSAKA 2019 グランフロント大阪

 

2018
 個展「33歳のおさむ」 speace31 兵庫

 

2017
 あさごアートコンペティション2017奨励賞 あさご芸術の森美術館 兵庫
 加古川市立中部中学校「昇龍」設置 兵庫

 

2016
 あさごアートコンペティション2016優秀賞 あさご芸術の森美術館 兵庫

 

2012
 第31回損保ジャパン美術財団選抜奨励展 東郷青児記念損保ジャパン日本興亜美術館 東京
 第86回国展準会員彫刻部F氏奨励賞会員推挙 国立新美術館 東京

 

2011
 第85回国展損保ジャパン美術財団奨励賞 国立新美術館 東京

 

2009
 宝塚造形芸術大学 彫刻専攻 終了

 

2007
 宝塚造形芸術大学 美術学科 卒業

 

1985

 兵庫県に生まれる

『ミケとレオ』高田治&中村享史2人展開催です❗️

お知らせ

会場掲示コメントより

ミケとレオ
ともに「彫刻」と名付けられた密集する霧で出来たトーテムに向かって投げ縄を放つことに囚われてしまったふたりである。

全身全霊で霞見えるそれを捕らえようと真正面から輪を投げ続けるものと、微風でも揺らぎ雲散してしまうそれを捉えるためにあらゆる角度から観測を続けて輪を投げることを忘れがちになるもの。

霧消してしまうとそこは晴れやかな光景が広がっているかもしれないのに、水蒸気で出来た「それ」の皮膜や量感、あるいは核質を捕獲すべくロープを日々ぐるぐる回し続けている。

高田治 中村享史

[お子様向けコメント]
ミケとレオ

小さいころからオモチャが大好きだったふたりが

自分でほしいオモチャを作りはじめました。
おとなになってもずっと作っているとオモチャはどんどん大きくなっていきました。

たくさんできたので集めてならべてみました。

つづけていると上手になっていくのがうれしいです。
たかたおさむ なかむらたかし

古い投稿ページへ