織田隼生(金工)   《A quale 》

素材/鉄

・鉄だからこそできる花の新しい表現を探求しています。

主に使用している技法は鍛金という技法で、簡単に言うと金属を叩いて加工することです。

シンプルな技法ですが、奥が深く、金槌の種類や叩き方を工夫すると金属を柔らかく見せることが出来ます。

花や植物は、幾何学的な法則に基づいた構造体だと考えています。

鍛金をベースとした繊細な表現を用いて、そのような構造体を制作しています。

花だけど花じゃないような、何か不思議な印象を抱くような造形を目指しています。

カテゴリー