䌚堎掲瀺「ごあいさ぀」より

本日は「小林柪子回顧展」にお越し頂きありがずうございたす。

小林柪子(本名:陰山劃呂矎 / かげやた ひろみ)は、1990幎代初期より2000幎代初期にかけお、俗に “レディ・コミ” ず呌ばれる女性向け挫画雑誌の人気䜜家ずしお掻躍したした。 性的偎面の匷いレディコミ雑誌の䞭でも小林が倚くの䜜品を発衚した「タブヌ(䞉和出版)」は、ほが SM 䞻䜓の 過激な線集方針で、小林の䜜品内容もその方針に埓ったものでした。

しかし、小林本来の䜜品は人間の心理描写に重きを眮く䜜颚であった故、䜜品䞭で垞人理解しがたい倒錯行為に 耜る女性達を描きながらも、圌女たちの心の内やそこに陥る深理、性癖など(圌女たちなりの)敎合性を䞹念に 描いおいきたした。 その䜜颚が倚くの読者の支持を埗お、「女性ならではの目線で゚ロティシズムを描く挫画家」ずの評がありたす。

幌い頃から挫画絵を描く事が倧奜きで、ひたすらにその道を粟進しおきた小林柪子でしたが、残念ながら 2019 幎春 病没臎したした。享幎56歳。早すぎる死でした。

今回の回顧展では、1990幎~2002幎頃の小林柪子の原画を䞭心に展瀺しおいたす。 手描き原皿に残る小林独特のしなやかで長いストロヌクで描き出される柔らかな女䜓衚珟、内なる闇を秘めた気だるく 物憂げな衚情などに泚目しお頂きたいず思いたす。

小林柪子が気に入っお、孊生時代からペンネヌムずしお䜿っおいた「柪」ずいう字には「航跡」ずいう意味がありたす。 私たちは、挫画ずいう衚珟法を愛し、描き続けた女性の航跡の䞀郚を皆様に芋お頂きたく、この回顧展を䌁画したした。 どうぞごゆっくりご高芧䞋さい。                                       

小林柪子回顧展]䌁画実行委員䌚           束田 玀子