夏石番矢プロフィール/俳人 :明治大学法学部教授

俳人 / 明治大学法学部教授

【1955 】7月3日 相生市生まれ / 本名:乾昌幸
【1974 】 3月 淳心学院高等学校卒業 4月 東京大学教養学部文科III類入学

【1975】 5月 俳句雑誌「俳句評論」第161号・162号(中村苑子発行人、俳句評論社)の高柳重信選 「準同人作品」に夏石番矢の筆名で初投句

【1977 】4月 東京大学教養学部教養学科フランス文科進学 12月 季刊俳句同人誌「未定」を沢好摩、林桂らと創刊し、初代編集人を務める

【1979 】 3月 東京大学教養学部教養学科フランス文科卒業 4月 東京大学大学院人文科学研究科比較文学比較文化修士課程入学 12月 「俳句評論」第184号より終刊の第200号(1983年12月)まで同雑誌同人となる

【1981 】 3月 東京大学大学院人文科学研究科比較文学比較文化修士課程卒業   4月 東京大学大学院人文科学研究科比較文学比較文化博士課程進学

【1983 】 2月 処女句集『猟常記』(静地社)出版
【1984】  3月 俳人:鎌倉佐弓と結婚 4月 埼玉大学教養学部専任講師となる
【1986】  4月 埼玉大学教養学部助教授となる
【1987】  4月 明治大学法学部助教授となる
【1991】12月 第38回現代俳句協会賞受賞
【1992】 4月 明治大学法学部教授となる

【1996】8月末~1998年3月末 明治大学法学部から、パリ第7大学招聘研究者としてパリ滞在
この間、フランス国内はもとより、英国、ドイツ、米国、チュニジア、トルコ、オランダ、スイスなどを訪れる

【1998】12月 国際俳句季刊誌「吟遊」創刊号を発行し、近刊の第95号(2022年7月)に至る 同誌で海外の俳句を意欲的に紹介する

【2002】12月 『越境紀行 夏石番矢全句集』で21世紀えひめ俳句賞河東碧梧桐賞受賞

【2008】12月 「タージ・マハール」誌(Cyberwit.net)へのアズサクラ国際詩賞受賞(インド)

【2011】9月 東京・明治大学で第2回東京ポエトリー・フェスティバルと第6回世界俳句協会大会2011開催

【2015》3月 モンゴル国立美術ギャラリー開催のモンゴル俳句協会創立大会に参加、席上モンゴル作家協会最高賞受賞   5月 東京・神田神保町 OKI ギャラリーで夏石番矢自選百句色紙展開催
12月 「タージ・マハール」誌(Cyberwit.net)へのサラとモイーズ・ルッソ国際詩賞受賞(インド)

【2016】7月 モロッコに3週間滞在。ウジュダ市のモハメド1世ウジュダ大学、アシラ市、ラバト市で講演

【2017】10月 東京・神田神保町の東京堂ホールで創刊20周年記念吟遊同人自筆50句選展開催

【2018】 6月 東京・百人町のネパール村ホール開催の国際ネパール俳句コンヴェンションに参加し、ネパール俳句名誉賞 2018 を受ける

【2019】 9月 東京の学士会館で創立20周年記念第10回世界俳句協会大会を開催

【2021】9月 第1回世界俳句協会 Zoom ミーティング開催    10月 第2回世界俳句協会Zoomミーティング開催

【2022】 6月 ゴールデン・ハート国際賞をキルギスタンのワールド・ファンデーションより受ける 【2023】  5月 モロッコで第11回世界俳句協会大会開催予定
※1993 年より世界各地で俳句シンポジウムでの講演や俳句イベントを行なう
※俳句書籍多数刊行
埼玉県富士見市在住

http://banyahaiku.at.webry.info

 

カテゴリー